犯してもいない罪で裁かれてはならない。

 西尾維新の小説にこのような文面を見た気がする。
ちょっと違うかも、ですが。


 なんでこんなこと書いたかというと、「それでもボクはやってない」見てました。
つい、さっきまで。

 電車通勤怖ェー。
電車通学も同様に。

 
 京王線も混んでる時は混んでますからねー。
明日は我が身と言った心境でしょうか。

 実に考えさせられます。
毎度毎度そのー、
痴漢として絶対的に判断されない空間位置に手を置いておかないといけないんですかね?


 こんなことは万が一にも起きないんでしょうけど、
起きる確率がゼロでもない、というのは極めてツラい。
そんなことは何にでも言えてしまうのだけども。

 けど、それらの可能性に感づいてしまったら、
もう、知らなかった時には戻れないんですよね。


 だから、考えちゃうんですけど。

ムダにはムダなりの良さが内包されている可能性を推して知るべし!

 昨日は割と怠惰な日常だったので割愛。
醜態を晒す相手は身内で十分だと思うんですよ、個人的に。


 一昨日の話をします。
秋葉原行って来たぜーっ!!

 
 僕の友人の一人が浪人決定して、(一時的に)暇だから秋葉原を案内してくれと頼まれまして。
同じ大学に行く可能性もあっただけに至極残念ですが、彼にはあと一年頑張って欲しいですね。
そして僕なんかより遥か上の学歴を携えたその時にでも、相見えたいものです。



 そんなわけで秋葉原行って来ました。
午後2時に待ち合わせして2時間半から3時間くらい見て回ったのかなと。


 「秋葉原行ったこと無いわ」って人を案内するのもかれこれ何人目か知れません。
僕が初めて行ったのは3年くらい前なんですけど、いやはや人は変わるものです。


 あの時は高校入試も終わって、中学の友人みんなと行ったんだっけ。
一人だけアキバに精通してる奴がいて、色々教わったんだよなー。

 みんな何してんのかな?
進路決まったりしてんのかな、やっぱり?
ちょっとノスタルジック入っちゃってますね。


 そんなこんなで有名所を少し説明的な口調で回ります。
エロ同人系を回っても全く抵抗を示さなかった辺りは、結構マズイんじゃないかと思ったりしました。
でもまぁ楽しんでくれたようで何よりですよ。


 それとは別に、僕自身受験が理由でここ最近来れてなかったので、かなり良かったですね。
お金使うつもりなかったのに、気付けば5000円は軽く消えてました。
アキバ怖いわ。いつもながらとは言え。



 買ったのはCD4枚。
順にちょっとした感想でも付け加えて行きますか。


 最初に発見したのはこれ、下川みくにさんの「TRUE / たった、ひとつの」
これamazonになかったんですよね、新品。


 ゲーマーズで見っけた時は「買わねばっ!!」という衝動に耐えられませんでした。
最後の1枚だったらしくラッキーでした。いぇーい。


 この曲は視聴率もイマイチだったアニメ、「ドラゴンドライブ」のOP/EDの両A面CDです。
僕は見てましたけどね。マンガの方が何倍も好きだけど(←弟が全巻持ってる)。
けど曲は本当に良かったんですね、これが。


 実はつい最近見たニコニコ動画のペルソナの罪罰のMADで、この「TRUE」使ってまして。
凄く歌詞とペルソナ2の雰囲気が合致してて感動モノだったんです。


 一度でもペルソナ2をやったことある方には分かってもらえるんじゃないかなぁ。
本当に、この為にある曲なんじゃないかと錯覚起こすくらい。
なので一応貼っときますね。ぺたりとな。




 フツーにニコニコでも「TRUE」のfull挙げてるヤツ、「下川みくに」って入れりゃ出ちゃうんだけど。
「やっぱ、ちゃんと買いたい」って思うのはオタク心理なのかね。

 ちなみに「たった、ひとつの」も名曲だと思う。
ただ2番の歌詞があまりにアレなので、ちょっとカラオケだと歌い辛そう、みたいな。
1番はレイジとチビの仲の良さを象徴してる雰囲気で素敵なのだけど。

 次は「南風」でも入ったアルバムでも買いますかなー。
下川さんは大好きだわ。




 2枚目、「KIRA★KIRA SHOW TIME!!」
前々回くらいに似たヤツ触れてるので別に詳細はいいですよね?

 てか発売日に行ってたんですね、僕。
ラッキーですよ、ラッキー。

 流石にこれだけだとアレなので、公式HPがYouTubeに挙げてるOPを引っ張ってきました。はい。
 






 3枚目、「メルト」
ニコニコユーザー御用達のあの「メルト」です。
受験とかあって買えてなかったんですが、あきばお~で買えました。


 これに言うべきことはないでしょう。
こんな辺境のブログを見てる人にはマストアイテムなわけだから、持ってて当然的な。




 4枚目「オモイヨシノ」
loosさんの所の新作ですね。

 ムービーも曲も凄い頑張ってる。
だから欲しかったんだけど、これまた買う機会に恵まれず。

 とらのあなで買ったんだけど、微妙な位置に置いてあって、買い逃しかねませんでした。
危ういなぁこういうの。買えたからいいんだけど。


 HP見れば分かりますが、本当に色々頑張っておりまして、これで500円はお買い得です。
ワンコインで買えるわけですからお試しにでも1枚買ってみることをお薦めします。




 ふぅ~。
かなりの文量書けたかと自己満足。

 友人も一次通過したようですし、良かったです。
ではまたいつ何時書けるか分かりませんが、その時はよしなに。
それではでは。

お前さんに、一つ言い忘れてたぜ…。 大人になってもいいことはあるぜ…ちっとはな…。

 泣いた。
涙涙涙。


 パオフゥの格好よさは異常。
このセリフ聞くと心も身体も震えちまうよ。


 はい。ペルソナ2の罰ですね。
時間があまりに余ってるので、罪・罰ともにニコニコ動画で思い出しているのですよ。

 てかペルソナ2のシナリオは深い。
不朽の名作とはこのような作品を言うのでしょう、きっと。
罪罰ともにEDは泣ける。

 よくこんな話が書けるよな。
壮大でいて、それでも軸がぶれていない話。
アトラスに里見直氏が戻って来て欲しいモノです。



 実は、「傷物語」の感想の一つでも書こうと思っていたのですが、
ペルソナに頭が染められてしまって無理そうです。
また機を見計らって書き込もうとは思うのですけどね。
それではでは。



 ……と、終わらせようとしたのですが、大事なコト忘れてました。
親友と言って差し支えのないであろう友人の受験日だったんですよね、今日。

 一次試験なので仮に通っても二次があるようですが、二次って面接らしいし。
受験らしい受験は今日で最後なのかな?

 労いの言葉の一つくらい言っておかないといけませんよね?

 お疲れ様でした。

 それではでは。

一歩を踏み出すことが、単純に難しくて困る。

 スパイラル・アライヴ4巻買いましたー!!
ガンガンで既に触れている内容とは言え、やはり面白いです。

 
 僕が思うに原作者の城平 京さんは、ミスリードが上手い。
既成概念というか先入観といったモノを、丁寧に丁寧に刷り込ませてくる。

 だから大して真新しいワケでもないトリックに易々引っかかる。
いかにも凄いトリックを使ってるように見せかける。

 そこが、普通じゃない。
凄みがあって、面白い。


 読んだことがないという方は、「スパイラル ~推理の絆~」から是非読んで頂きたいですね。
僕の青春というか中学時代は、「スパイラルとともにあった」と言って、言い過ぎでないくらいでしたし。
ぞっこん、でしたね。

 そして、僕が絵を描き始めたキッカケでもあります。
あんな風な可憐な絵をいつか描けるようになりたいものです。


 

 ここ最近していなかった、音楽関連について話しますか。 
この間、「Winter Mix Vol.5 」買いました。


 個人的にはちょっち残念な出来でしたかね。
あまりに統一感に欠ける印象でした。
バラバラ、と評したい感じです。


 どの方も個性が強い上に、方向性とも言うべきベクトルが違い過ぎてついていけない。
インパクト強い曲も見受けられませんでしたし。
どう考えても昨年を越える出来ではなかったなぁ。




 そして同じバレンタインに発売した「START!」 
これはイイッ!!

 実は色々あって、買えたのがつい一昨日くらいで、まだ1曲しか聴けてないんですけど……。
でも流石ぺーじゅんさん作曲です。素晴らしい。

 それにあのdaiさんがメインコンポーザー。
まだ聴けていないけど、いい曲に決まってる。
まして悪い筈がない。
オススメです。



 それとちょっと時期を見誤りましたが、「LOVE」
これは自信を持って推薦します。


 「キラ☆キラ」というゲームの作中で使われたボーカル曲のアルバムです。
その作品は主人公達がバンドを組むというストーリーが根本にあるらしく、
故に音楽面では全く以って非の打ち所のない仕事をなさっているいるのです。


 どうやら歌詞も作品とリンクしているらしいので、いつかやりたいものですね。
私的には特に、「君の元へ」という曲が好きです。

 歌詞が素敵なのもあるし、サビのころころ変わる曲調が気持ちいいのです。
是非とも聴いて頂きたい一曲ですよ。



 オチはないですが、まぁこの辺で。
やらなきゃいけないことがまだあるみたいで。

 CD消化しながら、頑張りたいと思います。
それではでは。

できなかったことばかり数えないで、できたことをほめてあげよう

 えー、報告関連の日記で飽き飽きなされてる方も多くいらっしゃるかと思いますが、
どうしても、最後に伝えねばならない人がおりまして。


 その人は一浪して早稲田の政経にいったという、受験についての先輩です。
2つ上の方なんですけど、もう既に人として完成されているというか成熟しているというか。
出来た人、なんですよね。


 受験期において進路決断において、それはもう相談に乗って頂いて。
更には受験終わった後に電話して下さり、
「感触はどうだった?」と、その都度訊いてくれたり。
お世話になりっぱなしで、何も返せていない自分が不甲斐なくて仕方なく思います。



 そんな人ですから、取り敢えず報告だけはしときたくて、新宿へ赴きました。
いつも木曜日にその方がおられる場所があるんですが、そこへ。
午後3時頃に着いたのですが、話を聞くと5時半頃に来るとのこと。


 さて、困った。
新宿まで来て、ズコズコ戻れはしません。
取り敢えず近くの公園で時間潰しの手立てを考えます。


 幾らか思いついた案の中で実際にチョイスしたのは、
「本屋で本を買って、それを読む」というものです。


 22日発売のスパイラル・アライヴ待望の4巻が21日に売っていてもおかしくないっ!
そう思いまして、ちょっと遠い新宿駅の東の方に位置する紀伊国屋を目指すことに。
少しでも距離を歩けばそれだけ時間は過ぎていくものですし。


 着いてみると案の定、売ってません。
仕方ないので、同じ原作者の「ヴァンパイア十字界」の最終巻だけ購入して、外のベンチで読みました。

 
 号泣
涙も鼻水も止まらねぇ…。
チクチョウ、マジ泣けるよ。


 何故最終巻のみ買ったかというと、ガンガンで立ち読みして、通しで読んではいたからです。
けど悲しいかな、人の記憶はとかく曖昧模糊。

 正直に言いますと、最後の最期、ヴァンパイア王が勝ったか花雪が勝ったのか、忘れていたんですね。
(↑フツーに考えてありえないほど重要なポイントの見落とし)


 読了し、時間は4時15分頃。まあまあじゃないですか。
そこから新宿とらあな(やはり売っていなかった)→先程の公園。
そこでまた読み直す。



 号泣
泣ける。泣けるぞっ。


 みんな「ヴァンパイア十字界」読みましょう!
最初の1~2巻は、本当に城平さんが原作なのか疑ったほどです。
が、読み続けて伏線が明かされる度、引き込まれる。


 「ヴァンパイア王格好いいっ!!」と叫んでしまうこと請け合いです!
最後の方なんて涙なしでは語れませんよ。
面白い面白い。
超オススメです!!




 丁度5時半頃になり、最初の地に戻ります。
そして訊きます、「長嶋さん(仮名)いらっしゃいますか?」と。
「少々お待ち下さい」
と、お姉さん。

 スケジュールが記載されてるっぽいファイルを繰り、確認してくれます。
「今日は、来られないようですねぇー」
「よかったら伝言承りますけど?」
「ああ、それでは、お願いします」

 と言って、用件を述べ、伝えてもらうように頼みました。
てか昼間の中間管理職くさいオヤジっ!!
来ないなら来ないって言ってくれよっ!!
赤っ恥じゃないか!!



 と、嘆いてもどうしようもないですよね。
そんなわけで、
「できなかったことばかり数えないで、できたことをほめてあげよう」
というタイトルなのです。


 これは「ヴァンパイア十字界」に出て来る言葉をちょっと改変したものです。
ニュアンスはそのまま、……のはず。
これはいい言葉だと思います。

 そんな言葉に出会えたから、昨日はムダでは無かったのです。
これでよし、と、出来るのです。

「言いに来てくれて嬉しい」と、そう言ってくれたことが嬉しい。

 A大学C大学ともに落ちました。
結構手応えあったんだけど、落ちたもんは仕方無い。
悲しいけど、これって実力不足なのよねっ!!


 でも行きたい大学の一つに受かったのは確かなので、勉強不足は反省しなきゃダメだけど、
後悔とか、そういうことは全然無いです。
むしろ、こんな僕を拾ってくれる大学があるだけ感謝せねばなるまいて。



 そうそう。
今日は3年間ぶりに、母校の中学校に行って来ました。
――恩師に大学合格の報告を。


 親や、友人に言うよりも、感極まってしまいました。
てか、涙ぐんだ。
泣く一歩手前でギリギリ踏ん張ったけど。


 3年間その先生には国語を教えて頂き、それに加えて3年時には担任で、
僕のいい所もダメな所も一番理解してくれている先生だと思います。

 多分、この先生に会わなければ、日本文学科なんて、絶対受けなかったと思う。
国語、日本語の面白さを教えてくれたのは紛れもなくこの方なので。
 
 それに、この方が推薦状を書いて下さったから、僕は今の高校に入れたのです。
感謝しても感謝しても、したりないです。


 色々、近況を話して、帰りました。
帰り道、またも泣きそうでしたけど。

 やっぱ、あの時には戻れないんだなぁ、と。
あの頃とは何もかもが変わっちゃってるんだなぁ、と。
久しぶりの通学路を歩いて、そんなことを、感じました。


 同じ『変わる』なら、いい方向に変わっていると。
そう、信じたいものです。
とてもとてもとても、難しいことなんですけど。
そう、信じたい、ですね。

長いです。色んな意味で長いです。

 お久しぶりです。
今思えば去年から更新してなかったんですね。
酷い体たらくで本当にスミマセンでした。



 えー、皆様気付いておられると思いますが、僕は高校生でした。
「ゆとり」とか馬鹿にされるのが嫌だったり、その他諸々の事情で、明言は避けておりました。

 でも、この時期に全く更新しなかったり、幼稚な文章や学校行事の雰囲気等から、
高校生であることは明白でしたよね。
バレバレですよ。もう。


 そんなわけで僕は、受験勉強に身を入れていたわけです。
で、このように更新出来ているということは、受験期間が終わりました。



 お陰様で、

H大学の文学部日本文学科受かったどー!!

(MARCHのHです……)



 まだA大学とC大学の発表はまだですけど、取り敢えず浪人せずに済みそうで何よりです。


 とは言え、僕はA方式では落ちたんですよね!
三教科(英・国・世界史)で受けたんですけども。


 なんていうか、本当に英語が致命的なまでに出来なくてですね。
受験勉強期間中において殆どの時間を占めていたのは英語でした。
けど、結局あんま伸びなくて。
心底浪人覚悟でしたよ(所謂滑り止めは受けてませんでした)。



 で、今回受かったのがT日程。
俗に言う全学部入試と言われるヤツですね。


 日本文学科の試験は実に単純。
国語(現・古・漢)で100点。
小論文で100点。
計200点満点で合否を決します。


 
 国語が得意な僕は、「これしかないっ!」と思ったものです。
でもこれがなかなかに曲者。 


 小論文は、幸田 文さんの著作の一つである「きもの」を読んでいることが前提の小論文なのです。
それは前以て伝えられていたとは言え、ぶっちゃけ何の対策も出来ないですし。
そもそも小論文なんて書いたことないし。

 兎に角、本番に向けてひたすらに本を読みました。
最低でも3回は繰り返し通しで読んで、登下校の電車内では必ず本を開くようにしておりました。
頭の中でこんな問題が来るだろうと脳内で幾度もシミュレートし、
「大丈夫だろう」くらいの気持ちには持っていけました。


 そして本番当日。
小論文が先に受けるもののようでした。
なので、限りある時間まで本を斜め読み。
………全然頭に入らなくて凹みましたけどっ!


 そんなこんなで試験は始まりましたが、問題は以下のようでした。


問一 (略)~ここに言われた「きものを通じて日常生活に輝きと張りをもたらす女の命」とは、
   具体的には作品のどういうところを指していると思うか。考えを四〇〇字にまとめて述べよ。
    (以下略)

問二 主人公るつ子は祖母に対してどのような気持ちを抱いているかを二〇〇字で答えよ。



 問一は完全に予想範囲外の問でした。
90分のうち10分くらいは問題用紙を凝視していたと思います(←現実逃避)。

 でもまぁ脳内で書き方を組み立ててから、3回くらい書き直してなんとか完成。
引用文→そこから読み取れること→故に私はこう思う、みたいな流れで。    
「故にこの作品は『きもの』という題名以外考えられないし、~~」
とかふざけたこと書いた覚えがあります。

 
 問二は余裕。二〇〇字ですしね。


 お昼休憩を挟んで、国語。
これがこれまた予想外で知識問題のみで大問一が構成されている!

 四字熟語、漢字、国語常識、文学史、あれやこれや。
でもまあ国語関連に関心のある人ならフツーに解けるものだったので、なんとか。

 他の問題も激ムズだった去年と比較して大分易化しておりました。
するする解ける。キタなっ! と思いました。



 お陰様で、合格です。
英語いらずに合格しちゃったよっ!
俺の努力は一体……。

 
 けど、勉強になりましたしね。いい勉強になりました。
もしもっと英語が出来るようになれていたなら、もっと上は目指せたんでしょうけど。
それでもここまで来れたことには、自分なりに合格点をあげれるかなと。


 別段自慢というわけでは無いんですが、倍率異常でしたし。


 日本文学科T日程(2008年度)
志願者数395人(うち10~20はたぶん欠席)の中、

合格者数35人


 少なくね?
落ちてたらきっとキレてたよ。
だってみんな国語にそれなりの自信があって受けてるんだよ?
それで11倍ってアホかよ……。


 というか何故か、今年のH大学は異常なまでに合格者を絞っているらしい(全学部的に)。
よかった。本当によかった。



 何がよかったかと言えば、やはり期待を掛けてくれていた人達に背かずに済んだこと、ですかね。
色々な人に支えられていたのをひしひしと実感していたので、それなりの報告したいじゃないですか。

 本当にありがとうございましたっ!!

 そう、面と向かって言える日が待ち遠しいのです。


 
 なんにしても受験は終わりましたので、遠回しにしてきたことを全部解消しなければなりません。
部屋の掃除、散髪、歯医者の検診、部活関連、とかですね。
ここの更新もその一つです。


 これからはもう少し更新頻度は上がっていくと思います。
そんな感じでよろしくお願いします。


 それではでは。

ケータイからなのです。



こんにちわ、です。
いきなりですが、一言。

PCぶっ壊れました。


年明け前に一度はちゃんと更新したいと思ったんですが、
世の中甘くは無いですね。
しょんぼり。


修理が終わるのは早くても来年の5日以降とかなんとか。
キツイです。いや、本当に。


冬コミの通販とか手配しなきゃいけないですしね。
最悪ネカフェとか行ってみようと思うんですけど、どうなんだろ。
いっそ元旦にアキバ行くとか。
うーん難しい…。



まーそんなこんなのてんやわんやな状況ですので、今回はこのへんで。
ぶっちゃけケータイ打つのめんどいだけなんですけどね。
それではでは。

「事実を無視して成長はありませんよ」←名言だろ、常識的に考えて……。

 お久しブリュージュッ!!

 あ………。
たぶん外した……。


 
 いやー、「お久しブリーフ」や「お久しブリリアント」に替わるモノを考えたかったんですけど。
あんまり面白いの思いつかなかったですよ。
「ぶり――」って続く言葉少な過ぎですよ。

 
 でも「ブリュージュ」って言葉は格好よくないですかね。
流石フランス語です。言霊的にもビンビン響いてくる。
「ブリュージュ大統領」とか、普通に居そうで困る。




 
 いやはや、お久しぶりです。
前置き長過ぎですね。悪い癖です。


 以前にも何度か書き込もうと試みたわけですが、「今更どの面さげて……」と思いましてね。
ようはアレです。かってに改蔵で言う所の『疎遠スパイラル』(第180話)という奴なのでしょう。


 本当に書き込む気力なんて皆無でしたよ。えー。
勉強に対して真摯に取り組んでたのも大きかったですけどね。


 でも、友人に「少しは更新しろよー」と言われまして。
「じゃ、やるか…」と。
僕は背中を押してもらえないと前に進めない、本当にめんどくさい奴なんです。




 とは言ってもネタは無いんです。
今はネガティブな感情しか僕の胸にはありませんので、ハッピーな話題の持ち合わせはありません。


 けれど、願望はあります。
「こうだったらいいなー」という、純粋たる望みが。



 だってだって、
冬コミ近いじゃないですか!!
(行けないけどさ……)




 というわけで、
『この冬、これだけは絶対に押えたい購入物リスト』じゃんじゃん晒すぜー!!


 まずはCDから。


 ピクセルビーさんの新作 
サンプルにある曲をレコーディングし直した上でfull.verの5曲構成らしいです。

 詳しいことは不要でしょう。
まだ試聴は出来ませんが、買うことに対して微塵も躊躇いがありません。

 それとコチラも買う予定ですよ。




 岸田教団さんの「星空ロジック」
今まではアレンジ系で活動をなさっていた岸田教団さん初のオリジナルボーカルCD。

 試聴して、惚れまして。
ちょっとボーカルの音量が弱い気がしますが、そんなのは些細なこと。
この曲に、この歌声。
買わずにはいられませんねー。
  



 ぺーじゅんさんの新作
詳細不明。

 出るらしい。
いや、出せ。
いえ、出して下さい。本当、お願いします。




 yu-sukeさんの「ARCADIA」
初のオリジナルフルボーカルアルバム。

 ハードでロックなナンバーがナイスです。
曲名がどれもこれもシンプルなのもツボです。




 はちみつれもんさんの新作。
「ミク&リン&レンアルバム、曲&声データ集(名前未定)」らしい……。

 「ごきげんようのジュモン」みたいのが聴きたいです!!
リリアン!! リリアン!! 




 daiさんの新作。
突発CD。

 うー。欲しい。
委託されるんだろうか。




 「GWAVE2007 1st Drivers」
ずっと買い続ける所存でありまする。

GWAVE公式WEB




 iyunalineさんの「msf'08 ~marble sky fes '08」
オリジナルボーカルもの。

 「field of heaven / Rita」が格好いい!!
裏声の辺りで痺れ痺れて。
Ritaさんやっぱうめぇ。




 ゆいこさんの「ぽぷり」
Primary 3rd Album。
 

 
 どこかしらで提供した曲を集めた代物っぽいですね。
どれもこれもクオリティーが高そうなんで楽しみですよ。




 五条下位さんの「華に舞う黒蝶の姫」



 「1分でわかる華に舞う黒蝶の姫のクロスフェード」を聴きました。
買いたいです。




 Rabsarisさんの「ココロコバコ」。



 満を持しての新作にして神作(←「しんさく」本当にこの二字熟語は存在する)。
なんでみずさわゆうきさんの歌声はこんなにしんみりと心身に染みるんだろう?

 「きみとみるそら」やべぇ。
試聴しただけで既に泣きそうなんですが。
洒落にならん。すげぇ。




 Etherさんの「Heart」



 桜璃さんのボーカルは熱いなぁ。
過激、苛烈、そんな言葉を曲聴く度に脳内で反芻させてしまう自分がいるのですよ。

 
 


 CDはこの辺で。
次は別物。



 SINIZONさんの新作。
フルカラー本。

 このひとのぷりてぃーなおにゃのこがたまりません。
むだにひらがながつかいたくなるかんじです。




 田中ロミオ氏(←「――さん」と呼びにくい)の「人類は衰退しました(2)」
ほのぼのファンタジーなラノベ。

 待ってました! の続編です。
神の! 神の文章にまた触れられる!!

 それと実は僕、前回の抽選で見事に図書カード当ててました。
確か枠は100人くらいだった気がする。今年の運を全て使い果たしたくさいよ……。

画像












 

 
 すんません、疲れました。
絵師はもうダルイぜ。挙げればキリないし。
勉強しなきゃだし。


 てか、ここまで書くのに本当に時間かかったですよ。
でも、達成感がありますね。
この充実感、懐かしいです……。



 まあ、こんないいかげんなブログを見て下さってる方々に感謝しながら、
今回はお暇させて頂こうと思いますよ。

 本当に本当にありがとうございます。
また機会があれば、その時にお会いしましょう。
それではでは。

M3に行ってきましたよ、と。

 M3行ってきましたよー。
めちゃ疲れた。めちゃしんどい。


 今回は5月の時に一緒にライヴに行った友人と、です。
いつも一緒に行ってくれてた友人は今回欠場。残念。


 最悪一人でということも視野に入れてただけに、一緒に行ってくれた彼には凄く感謝してます。
本当にありがとう。
それと、これからもよろしくね。


 
 まーそんなわけで行ってはきたのですが、(↓8時頃に着いてすぐの写真)

画像













 雨が急に降ってきたりしまして、結構面倒でした。
早めに着いてたおかげで屋根のある位置をキープ出来ていたから良かったものの、
遅めに来てた人達は本当に辛そうでした。合掌。


 なんやかんやで11時半になり入場。
真っ先に「わかれ道」購入。
続け様にピクセルビーWhoopee!recordsなどの壁を難無く購入しました。




 そっからは友人と軽く回りつつリストを埋めていきました。
今回は買うつもりの品が少なかったのでゆっくり回れてよかったですね。


 ただやはり、毎度毎度人が増えてるような感じを受けます。
今回初めて自分より明らかに年下に見える人達も見受けられましたし。


 今日日、同人音楽の認知度が高まってるとは思えないけれど、
それでもゆっくりと着実に広まっているように思えるのは喜ばしいことです。
いち、同人音楽のファンとして、ね。




 一通り見て回った後は2階へ。
本当、M3参加サークルも増えてきたよなー。


 ぐるんぐるんと一周して、試聴スペースへ。
ここも結構な人がいましたね(↓)、………おかげであんま試聴できなかったけど。

画像
















 それらを満喫したら、また1階戻って上映スペースをうろうろしたり、
ピクセルビーの御二方にサイン貰ったり。


 その時はライヴでの感想を述べたりとかして、
ミーハーっぷりを嫌という程発揮してしまって恥ずかしい。



 それ以降は本当にまったりしながらサークルを端から端まで見てましたね。
そしたら4時になって皆様と御一緒に拍手。
イベントっていいものです。いつも思うことでは、ありますけど。





 ざっと、こんなものでしょうか。短いけど。
でもまあ大雑把に書くとこんな感じですね。



 それと後日談ですが、「わかれ道」聴いてみたんですけど、ヤバイですね。
「いい意味でも悪い意味でも問題作」と言った所でしょうか。
マジすげぇー。




 まぁこんな感じで無事、M3を終えられました。
ですから、これから約4ヵ月の間、勉強に邁進したいと思います。


 更新は気が向いたらしようと思いますが、あまり期待しないであげてください。
まー、元から閲覧者が居るのかも分からんようなブログですけどね。
それでも取り敢えずはご報告しときます。



 それではでは。
またの機会に。

M3-2007秋(第20回即売会)前日購入予定リスト~!!

 M3-2007秋(第20回即売会)前日購入予定リスト~!! 


 はい、というわけでリスト晒していきますよー。
今回は金欠なので一万円を目処に絞ってみました。

 本当はもっと買いたいんですけど、それはお金貯めてから委託とかで買います……。
マジで泣く泣く削ったんですよ、来年はこんな思いしないようにしたいなぁ。


 それでは以下から購入予定リストですっ!!




A-03 CLOCK MUSIC 「わかれ道」 500円

 言わずと知れたぺーじゅんさん。
今回はなんかノスタルジックな曲調が良さ気です。
買いですぜっ!!




A-06 ピクセルビー 「say goodbye」 1000円

画像

 monetさん妊娠おめでとうございますっ!!
音楽は言わずもがなだと思いますので、こんだけ……。




A-12 Whoopee!records 「Jet*Girl,flight」 1000円

 めっさ豪華陣じゃね? これ?
同人音楽好きには眉唾ものじゃなかろうか、なかろうか。
個人的にはゾイド丸山さんに一番期待してる。




B-39 Ether 「Coppelia」 800円

 前回のM3でのCDが好みだったのでまた買いたいなと。
なんかうちのPC調子悪くて特設ページ開けません。
試聴出来ない………。




B-42 Saori Project 「Island」 1500円

 全然知らない人だけど、今さっき遊び半分で試聴して惚れた。
癒される感じがしたのですよ。
黒いアレと対峙した直後でしたので。(勿論退治もしましたが)




C-22 forest 「flower.」 800円

flower.

 可愛らしい歌声がPOPな曲に凄くマッチしてる気がする。
前にも書いたけど、コミケ前から気合入ってたのも好印象です。




C-30 LAVISH 「Fragmentary Memory」 500円くらい?



 男女のツインボーカルはやっぱりいいものだと思うんです。
希少ですし。




C-31 COHCOA Project 「soft wing, sweet wind」 300円



 ファンに対する姿勢が凄いと思う。
なんか同人音楽やってるなーって感じ。
それと、今回のヴォーカルは はなさんです。
 



C-39 doubleeleven 「DoubleEleven2 -pastel tales-」 800円



 個人的イチオシポイントは桃木真美さんに尽きる。
この人の歌はガチで好きなんです。言い尽くせないくらい。




G-38 SoundPlugin 「SoundPlugin EPISODE"2" - c o l o r s -」 1000円と判断…

 試聴して合えばいいんじゃないかな?




H-06 marble sky records 「fundamental」+「MENU」 1500+1700円



 ここら辺りは惰性で買ってる気もするけどね。
ま、そんな感じです。




 占めて想定金額は11400円くらいですね。
他にもついつい買っちゃいそうだけど、極力減らしていかないと今月生き残れるかあやしくなるし。





 それとそれと、他の同人音楽情報は↓

 同人音楽にゅーす

 こちら様のサイトの上の真ん中の辺りにあるイベント情報は必ずチェキっ!!
何より見易いし分かりいい。

 それとTOPも見とくにしくは無いです。
てか僕は毎朝見てます。


 「Tom's音系wareGuide」

 こちら様のM3のマップは是非使わせていただきましょうっ!!
凄く便利だと思いますよ!!



 
 それでは、皆様、いいM3を。

 てか、僕は流石に寝ます。今何時だよ、死ぬ。
ちゃんとその後は勉強しないといけないし。

「人の期待に応えなきゃいけないときがあると、私は思いますけどねえ」

 未だに忘れられない名言をタイトルに持ってきました。
ここの件(くだり)はいつ見ても泣けます。




 えーと、なんですか、これ?

過疎り過ぎですね。すんません。



 今日も今日とてお勉強してました。
最近は本当にマジでやれてる気がする。


 それにお昼に参考書を買い漁ったりもしたので更なるやる気が。
ざっと、6野口くらい使いました。


 なんたる出費。
でも、まあ、自分への投資ですしね。惜しんでられません。
後はこれを使い込むだけです。




 でも、最近頑張れてる本当のワケというのは、そういうことではありません。
期待してくれてる人が、出来たからです。


 なんかね、家族とか友達とかそういう人じゃない人なんだけど、
進路の方向性について悩んでた時、親身になって相談に乗ってくれて。


 背中を押して、くれたんです。
凄く凄くそれが嬉しくて嬉しくて。
この人の期待に背いちゃいけないな、と、強く思いました。



 だから、勉強真面目にやってます。
今まで手を抜いてたわけじゃないし、
自分のやりたいことの為にそれなりに努力してたって自負はあります。


 でも、それ以上に。
この人の期待に応えたいって本気で思ったから、
勉強、してます。



 なんか、この人が自分と2つしか違わない事実に愕然としましたけどね。
あと2つ年をとっても、あんな立派な人には成れない気がする。
でもまあ、目標にするくらいなら、そんぐらい高い方がいいかもしれませんけど。



そんなわけで、今後もこのブログはどんどん過疎って行きます。

どうか、ご理解の程を宜しくお願い致します。






 それと、M3が一週間後ですね。

画像

 取り敢えずピクセルビーさんのバナー張ってみた。
試聴した感じだと、いつも通りのハイクオリティーな出来なので無問題。
万人にオススメ出来る一品に思えました。



 時間無いんでスミマセンがこの辺りで。
流石にM3前にもう一回くらい更新したいですねー。
それではでは。

情報を活かす為には、活かす為の情報が要る。

 文化祭終わりました、はい。
てか、不完全燃焼ですよー。


 2日間もあったのに、その内の約9割はクラスの仕事に明け暮れておりました。
他クラスなんて殆ど回れなかったし、部活の方を手伝うコトもロクに出来ず終いで。


 先輩とか結構来てくれてたみたいなのに挨拶もあまり出来なかったしなー。
何かと悔いの残る文化祭でしたね。

 それと、後片付け死んだ。
多分、クラスで一番最後まで残ってたんじゃないかな。


 で、打ち上げは結局行かずに。
めっちゃ仲いいーみたいな人がいなかったし、疲れたしね。
ええ、無理です。




 そして次の日。てか、昨日のコトですけど。
暑いです。キツイです。ダルイです。


 そんなこんなのあらゆる不快要素に負けて、寝てました。
勉強はやる気出なくて少ししかやらなかったです。
今日は振り替えなんで、流石に勉強します。





 そうそう、G線上の魔王の体験版やりました。

 これは、滅茶苦茶面白い。
ぶっちゃけ文化祭なんてどうでもよくなった(←結論)



 一言で言ってしまえば、「流石るーすぼーいさんだぜー」に尽きる。
「車輪の国、向日葵の少女」という名シナリオの次の作品ですからね、否応にも期待は高まる。


 けど、その期待に最高の形で応えてくれそうな気がしました。
そう思わせるのには充分に足る体験版の出来でした。
これは予約しに行かざるを得ない。……行かねばっ。



 てか、おもっきしミステリテイストな作品ですね。
小手調べレベルであろう、「体育倉庫の鍵を盗んだ犯人を絞る過程」でもかなり面白かったし。

 
 でもこの後の展開っていうか主体は、
魔王という名の敵との頭脳を駆使した心理戦にあるようです。


 詳しくはあらすじ参照して下さいませ。
体験版では宇佐美ハルと魔王が対峙する所までの序章が描かれております。



 知らなかったんですが、魔王のボイスってコードギアスのルルーシュらしいですね。
らしいっていうのは僕は見てなかったという、それだけですが。
でも格好いい声だなーとは思ってましたけど。



 ただ、いかにも主人公=魔王のような書き方をしてるのが気になる。
忘れっぽいという点から解離性同一性障害が外れないし。


 ただ、『あの』るーすぼーい氏がそんなチャチなことはしないと思うので、
まー、フェイクの線を疑ってかかるのが妥当なんでしょうね。




 てか、伏線張りまくりだろ。
ミキちゃんとかお母さんとか、続きが気になりまくり。


 ミキちゃんという名称は、田中ロミオ氏へのリスペクトと勝手に予想。
美希ね。ミキミキ。



 後はBGMがクラシックのアレンジだったり、フェイスウインドウが実装されたり、
「結構凝ってるなー」という印象を受けました。
楽しみです。





 あー、結構書いたかな?
疲れた。
飯食べて勉強して来ます。

日がな一日生きてます。

 更新頻度おちまくりですね。
なんかとても申し訳ない気持ちでいっぱいなのですよ。


 くどいですけど、最近は勉強頑張ってます。
だから本当にそんな余裕が無くて。


 それに、これから朝以外はPCに触れないように決めました。
自分がまだまだ甘いことを再認識したからです。

 もしやってしまったら、外付けのHDのデータを消すという誓いを立てました。
勿論バックアップも捨てる所存。
それ即ち「死」


 今回はそこそこ本気なのです。
頑張ります。




 えー、ここ最近ではこんなコトがありました。

 ガッコが早く終わったから歯医者に行った日があるんですけど、
あまりに早過ぎたのか、帰りがちょうど小学生の下校時間で。


 「後5~10くらい年取ってたら怪しまれそうだなぁ」と思いながら、
自転車で追い越していったんですが、

 突如、選挙の時にしか活躍の場が無いと思われていた、
古ぼけた地域用のスピーカーが鳴りました。


「小学生の下校時刻となりました。近所の方々は警備の方についてください」

 みたいなことが流れてて。
うろ覚えなんですけど、
兎に角、「住みにくい世の中だぜー」とか思わされつつその場を去りました。


 何が言いたいかと言うと、ラジオ体操でこんな接触は中々に難しいんじゃないかと思いまして。
それが故にいっそう、応援したくなりますよね。



 それと、リアルに色んな色のランドセルあるんですね。
あるのは知ってましたけど、本当に使ってるのは初めて見ました。
水色とか、そんなん。



 
 それとそれと、M3が近付いて来ましたね。
正直、これだけはどんだけ忙しくても行くつもりです。
流石に冬コミは無理っぽいですが……。


 もうこの時期だとM3関連の情報が出始めて、結構整理に大変です。
今回はあんまり予算が無いので、本当に欲しい人だけ買いたいので、慎重にならざるを得ないんですが。



 取り敢えず、はなさんの「flower」が気になるかな。


flower.


 コミケの大分前から情報開示してて、気合入ってるなー、と、好印象。
試聴した感じも悪くないですし、好きな作曲陣でありますし。

 
 個人的には「LONG WAY FROM HOME」が好き。
ジャンルはバラードでいいのか、な?
何にしても取り置き予約でもしてきます。




 それでは今日はこの辺で。
次はいつになることやら。
頑張りたいとは思うんですけどねー。

生き抜く為の息抜きをしてる最中なんです。怠けてるわけじゃないんですよ?

 皆様お久しぶりです、凄く。
毎回文章が消えるのを恐れてメモ帳に下書きするんですが、
メモ帳開くのにすら懐かしさを覚える程ですよ。
………すみませんでした。


 近況としてはテストが終わったり学園祭が近くて準備でてんてこまいってコトがあります。
休みが見当たらないんですが、どうしましょうかね、これ。
台風来てるらしいし、休みなんないですかね?




 それに今更何を書けばいいんでしょうかね。
CDの感想書くみたいなコト言って、どんだけ経ってるか知れないし。
うーむ。



 Barbarian On The Grooveさんの「Dragon Valley - Arco-Iris - 」がすげーよかったです。
↓これ。




 「コスモス - 変調する世界 -」でも感じたコトではあるんですが、
カヒーナさんの声が好き過ぎる。

 言葉に出来ないくらいの格好よさがあるんです。
滅茶苦茶格好いいんです。


 いかにもなロックな曲がガチリと嵌るんですよ。
「見果てぬ永劫」とか突き抜けてますよね。
サビでドラムのシンバルがシャンシャン鳴ってる辺りが特に好きです。




 
 それと茶太様。
最近やたらめったら茶太さんプッシュですが、別段贔屓してるワケでは無いのですよ。
今回の夏コミはいい曲歌い過ぎなんです。
ちょっ、茶太自重wwwwwみたいな感じです。


 「泡沫 -ウタカタ-」いいよウタカタ。
ラストに相応しいどっかのアニメのEDっぽく感じたりしました。


 柔らかくソフトな感じで耳に馴染む曲調でありながらも、
やや強めの歌い方で褪せずに染み込んでいくっていうか。
茶太さんすげー。
そう、思いました。




 で、この後に「Sandand Flower」についてでも書こうかと思ったんですが、
あんま聴けてない……。
そのウチ触れますので、たぶん。



 



 それとそれと、最近ハムスター速報にハマってます。
前から偶には見てたんですけど、最近はどっぷり。



 「千載一遇のチャンス」とかで泣いたりとかさ、
「神様から誕生日プレゼント貰ったwww」でドライ娘に萌えたりしてました。

 他にも左のサイドバーの特選スレ一覧は必見です。
笑ったり泣いたり大変です。



 皆様もよければご覧下さいませ。
それではでは。

失うモノが無いコトと、得るモノが無いコトを、ごっちゃにしてる人、いませんか?

 ガッコが、ありました。
そして、明日からテスト週間です。
なのに、なんで僕は本を読んでいるんだ?



 今日ガッコの帰りにとらのあなに寄りました。
そしたらトリプルプレイ助悪郎がっ!!



 うー。読んじまったぜぃ。
きっちり2時間。

 てか8月上旬に出てたのに、なんで今頃読んでだよ。
テスト前だっつーのに。



 でも出来は流石、西尾維新。
文句無しですな。格好よかった。


 正直、ヤラレタって気持ちが拭い切れないです。
この長さの短い短編で、ここまで小気味好くあっさりしたミステリテイストで仕上げられてしまうと、
ぐぅの音も出ないですね。参りました。

 


 さてはて、西尾維新について時偶語り合う友達は、このコトを知っているんでしょうかね?
知らなかったらテスト後にでも貸してあげよう。そうしよう。


 ちょっと話逸れちゃうんですけど、その友人がこのブログを見てくれたそうです。
でもオタクじゃ無いので、引かれないか心配です。
てか、理解出来るのかよ。


 それに、彼についてこのブログで全く触れて無いワケじゃ無いんですよね。
それがちょっち恥ずかしいかなー、と。

 悪口なんて書いてないから(そんなこと微塵も思ったことは無いのだけれど)、
大丈夫だとは思うんですけど。



 なんにしてもテストだテスト。
勉強します。徹底的に徹底的に徹底的にっ!!


 てか、テストって学力は測れますけど、知性は測れませんよね。
なんて負け惜しみを残して、去ります。

尊敬とか感動とかって、「する」モノじゃなくて、「させる」モノなんじゃないのかな?

 最近は勉強ばっかしてるので、上手くCDを消化出来ずに凹みまくりです。
どっか出かけたりする時はプレイヤーで音楽聴くんですけど、引き篭もってばっかですし。


 出かけても歯医者とか散髪とかスーパーとかだし。
新宿のとらあなとか行きたいけど、都心に行く用事無いですしね。
んー、つまんない。

 
 でもここ2日程度はそんなに暑くなかったのが救いと言えば救いでしょうか。
明日は酷暑らしいんですけど。
無理だわ。36℃って、それなんて温度?






 えー、今回のコミケだと予算の都合上あんまりCD買ってないんですけど、
絞っただけあって良作のCDばかりでなんか凄く気分いいですね。

 
 そんなワケで良さ気だったのをこれから感想を交えて紹介していこうと思います。
暇な時間見つけてはちょくちょく更新出来たらいいなぁって思う。


 
 取り敢えず「駿太/雪の轍」はガチです。
特に「駿太」は今までに無いくらいの感動が僕の胸に去来してるんですけど。

画像


 犬より猫派の僕ですらこの始末ですから、
犬好きさんがマジでこれを聴いたらどうなるんだろう? って感じです。

 歌詞が。
歌詞がもう胸を締め付けられる哀愁感で満ちて溢れて零れ零れて、といった具合でして。


 音量全開でイヤホンして初めて通しで聴いた時は軽く泣き入りそうでした。
祖母宅で飼っていた猫が死んだ時のコトを思い出しちゃいましたね。
あー、込み上げて来るわ、凄く。


 「ワスレナゴハン」の時のヤフオクのような仁義無き戦いをせずとも、
ショップ委託するらしいので、買っておきましょう。

 そして聴きましょう。
間違い無く買って後悔しないクオリティーだと思いますので。





 こちらも茶太さんで「たぶん青春」
ここでもぺーじゅんさんの良さを語ればいい気もしますけど、今回はbassyさんの方で。



 というのもラストの「きみ」という曲が素敵過ぎた。
アコースティックなスローバラードという感じが堪らなくて堪らなくて。


 淡々としてる曲なんですが、だからこそ逆に歌うのが難しいと素人目に見て思うんです。
ですが茶太さんは危な気無くというよりはむしろ聴かせるように歌ってくれる。
上手いなぁー。



 それに他の5曲のどれもがどれも文句無しのレベルで。
CD1枚をリピートで聴きたいと思ってしまう程に。


 ほら、大抵好きな人のCDでも、
あまり好みで無い曲が混じってしまったりすることってあるじゃないですか。

 でもこれには全くそのような要素が無くて。
いつでもいつまでも聴きたい作品に仕上がってるんじゃないでしょうか。


 「たぶん青春」
本気で推薦したい1枚です。





 今日のラスト。
True Silverさんの「Perfect World」


 実はちょっとややこしい事態に陥って聴けない状態が続いていたのですが、
一昨日辺りになってやっと聴くことが出来ました。

 まだ本当はちょっこっとしか聴けてないんですけど、
でも、それでも十分いい作品ということくらいは分かったつもりです。


 
 やはりこのCDの肝は、作曲者が皆違う所なんじゃないかと、勝手に思っています。
(魅音と詩音は双子だから作曲者は同じですが、この際人括りにしてしまって。)


 だから1曲1曲に違う見所、いや聴き所があると思うんです。
いい加減に飛ばし飛ばし聴いちゃいけない風に感じるんです。


 実際、最後の方でサビを崩す(いい意味で)感じの曲多いし。
気が抜けない、と言いますか。
最後までしっかり聴いて欲しいと思います。
個人的には「waiting for…」が大好きですが。





 今日はこの辺りで。
いやでも本当に買ったCD全部が全部いい感じなので、
これからも少しずつ小出しで紹介していきますよー。
お暇があればお付き合い下さいませ。



 それに「うたたね」はamazonで発注中だし、
「Sandand Flower」はもう予約したしで、凄い楽しみ。

 生きてるといいことあるなー。
それではでは。

勉強してる時も「駿太」が頭の中で流れ続けてるんだ。名曲だとは思うけど、……捗らねぇ。

 はい、コミケ行って来ましたー。初日と最終日。
先ずは1日目からのご報告。



 先んじて言わなければいけないコトは、1日目は1人で行ったコトですか。
あれは行く度に思い知らされるけど、孤独だなぁ。


 しかも京王線だとあまり早く国際展示場まで行けないんだ、これが。
始発に乗っても山手線発車まで3分しかないし。


 京王新線だとホームが死ぬほど離れてるのにね。
全力で駆け抜けたわけですが。




 その上で、誰も思いがけ無いダイナミックなミス。
逆向きのエスカレーターを走ってる不思議。

 しかも隣を走っているオタクとほぼ同速度。


 お陰様で途中でバテバテになりましたが、なんとか間に合ったので結果オーライ。
自分の運動神経に少し感謝しつつ、
自分の情け無さに涙を零しながら大崎へ向かいましたとさ。




 国際展示場まで着いて列に並べたのは6時20分くらいでしょうか。
1人で並んでるとやはり暇なので音楽聴いてたのですが、充電切れて、僕も切れそうになりました。


 てか、暑い。………死ぬ。
汗とまんないし。
おっくせんまん!! おっくせんまん!!




 10時開場でしたが、僕が07th Expansionに並んだのは10時5~10分くらいですか。
30分もすれば「yours」買えました。(うみねこ買ってない)

僕「『yours』1個下さい」
売「はい、わかりました」


 と言いながらも条件反射でうみねこを手にする売り子さん。
慌てて手から離し「yours」を後ろの段から引っ張り出す。
なんかグッと来てしまう仕草でした……。

 
 なんか「yours」だけ買う客はやはり珍しかったみたいですね。
まー、そうかも知れない。委託物だし。


 ただこの「yours」は装丁が激素敵。
「これなんてエロゲー?」とか言っちゃいたいくらいの箱に入ってるのね。
これで2000円は安過ぎる。3000~4000円でも買ったな、正直。




 そこから隣の少女病に突撃。
こっちは15分くらい並んだでしょうか、「偽典セクサリス」ゲット。




 こっからは大して並んで無いので以下略。
ただ茶太さんが壁じゃなかったのには本当に驚きでしたけど。






 で、企業へ12時前頃に着きました。
「マジックチャンネル」買うためにRussellブースに並びました。


 列が全く進まねぇ……。
1時間経って漸く動き出すってどんだけの怠慢だよっ!!
マジで死にそうだった。いっそ倒れてしまいたかった。


 その後30分粘りましたが後1~2時間は平気でかかりそうだったのギブ。
てかRussellにはマジ切れたわ。


 全然列を捌けない癖に「詰めろ詰めろ」って怒鳴るし。
本当、二度とRussellには並ばないわ。


 それと「マジックチャンネル」は委託でも買わない。そこまで欲しいワケじゃ無かったし。
面子が良かっただけで、iyunaさんそこまで好きじゃないしなー。




 そして家に着いたのが午後3頃で、汗ダクダクだったからシャワー浴びて、4時には寝た。
起きたのが深夜の1時だった。
前日一睡もしてなかったからですけど、更に寝て、結局13時間分くらい寝た。


 起きたら3時間くらいかけてエンコード。
長いなぁ。M3ほどじゃないけどさ。


 そんなわけで↓が1日目の戦利品。
CDは15枚くらいで、本は3冊。まぁ、こんなもんかな。

画像


















 実は2日目の夕方に中野の友人宅に泊めてもらいました。
そっから行く方が早く国際展示場に行けるし、どうせ一緒に行くからって。


 感謝ですよ、本当。
とりわけお母様が作って下さったおかか味のおにぎりはこの上なく美味でした。
美味しかった。他にも至れり尽くせりで言葉では言い尽くせない感じです。
でも取り敢えずは感謝だけでも。




 そして友人と先輩の3人で夜を明かした後、国際展示場へ。
待ってるのも3人だとそんなに辛くなかったですけど、やっぱ暑い。
1日目ほどじゃないにしても、絶対的に見れば十二分に暑い。


 だから皆俯いて眠りこけたりもしました。
今回も寝なかったしなー。
いつぶっ倒れてもオカシクないなー。



 そして開場。
けど、みつみ美里さんの所に並べたのは20分頃。
国際展示場駅での足止めが痛かった。


 こんな奴が他にもいたとしたら嫌だなぁ。
まあこの人は1日目だったらしいけど、ご臨終。



 みつみさんは超大手だけあって、1時間とちょっとかかった。1限にもなっちゃってたし。
ただ列捌きは流石。
あれだけの大人数を1時間ちょっとって、いつものコトながら凄いなぁ。




 その後は島をぐるぐるーっと。
いくつか先輩が回ってくれていたので大分楽でした。
ここで言うのもどうかと思いますけど、ありがとうございました。


 ただ、たたらばさんは買えなかったとか。
残念。

 開始30分で完売ってどんだけ舐めてるんだ、自分の実力を。
もっと刷っても平気で完売するだろうに。


 取り敢えず委託するらしいから逃さないようにしないとなー。
絶対買うぞ。



 
 それからは皆と合流して帰宅。
1日目のように帰ったらシャワー浴びて寝た。


 起きたの深夜12時半だった。また寝た。
10時から歯医者だった。危なかった。


 では、最終日の戦利品。
本が12冊くらいかな、多分。

画像

















 まあ、なんだ、コミケは疲れるけど行かないと気が済まないですね。
取りえず戦利品のCDを早く消化したいです。

 以上。コミケ72レポでした。

ちょっと待て、一年間って、365日だよな?

 コミケ前日です。
気合入れていきましょー。



 ともあれ、なんとこの度、「ぬくぬくぶとん」は一周年を迎えましたー。
はい、パチパチー。


 もう一年経ってたんですか、早いものです。
だからと言って、特に何も無いんですけれども。
なんか最近生きるのに必死になり過ぎてて、余裕無さ過ぎなので。


 でもまあ、今まで通り更新して行くつもりですので、
お暇があれば今まで通り付き合っていただけたら幸いです。






 では、音楽系をまた挙げます。
Bickey☆さんの「doors」



 全然知らない人なんですが、試聴したら凄く気に入ったので購入予定。
基本的に自分で作詞作曲してるというシンガーソングライターっぷりが格好いいと思った。


 3曲ほど試聴出来るのですが、1番目の「Sky Latte」が特に好き。
明るい感じの歌声が素敵ですし、サビのコーラスと被る所でグッと引き込まれました。
締めのエコーも凄くいい感じ。


 そんなワケでオススメです。
是非試聴をば。



 取り敢えず、今までの更新で、大体の音楽系の購入予定は挙げられたかなぁって思います。
Barbarian On The Grooveさんの所とか、もう今更挙げるまでも無いくらいでしょうし。
ピクセルビーさんは超残念ですけど。


 まあ、今回はこれくらいですね。
それでもお金結構キツイんですけど。
でもコミケですし、仕方無いですよね。皆様も暑さに負けず頑張ってください。





 それと、全く関係ないんですが、
秋アニメの「CLANNAD -クラナド-」のEDを茶太さんが歌うってマジですか?
「だんご大家族」とかいう奴。


 原作を2時間で放棄した僕ですが、これは、見ようかなぁ……。

広告

  • この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。
  • 以下の方法で非表示にすることが可能です。
    • ・記事の新規投稿をおこなう
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

Sponsored Link