唐突にコミティア感想。

 コミティアの話。

 大体7時半頃、会場に着きました。
少なく感じました、凄く。

 それもその筈、イベント開始時刻が11時だったんですね。
10時だと思ってました自分。
ダメじゃんか。道理で人少ない訳です。

 まあ、途中でそんな気はしていたのですよ。
漢(おたく)は開始時間に近づけば近づくほど、気が高まってくる。
それなのに、念波動(オーラ)が感じ取れなかったのです。
つまり、祭りはまだ先なのだな、と。

 こんなことならカタログを事前に購入しとくべきだったかもしれません。
現地買いはそういうリスキーな要素も包括していることを知らなかった訳ではないのですから。
反省。


 11時会場入り。
カタログを掲げながら人波に揉まれていきます。

 取り敢えず、True Silver × Polyphonic Branch最優先。
新作購入と、無料配布の「run!」の初音ミク.verを貰い、一安心。

 次に絵サークルで、SINIZONさんへ。
冬コミではてっきり欠場だと思っていたら、遅れていただけらしかったので、
冬コミの本、購入させて頂きました。

 で、その時、他の方からスケブ頼まれていましてね。
せっせと描いていらっしゃったんですよ。
それが上手くて上手くて。

 僕も下手の横好きなりに絵を描くのは好きですから、草野ほうきさんの描いている姿をガン見していました。
じー。
じー。
要注意危険人物に成り果ててる僕が、そこにはいました。

 半端なく、アタリをつけるのが速い。
迷いなんてものは微塵も感じられず、バッサバッサと線を引いています。
陰影のつけ方も同様で、速いんですよ。

 上手い人の描く瞬間瞬間を、この目に納めることが出来て嬉しかったです。
うーむ、勉強になりました。


 その後は、時間が許す限り、見て回りました。
13時半ぐらいまではふらりふらり。

 気に入ったのは、即購入。
ざっとこんな感じです。

 CD3枚、本8冊、ポスカ3枚。

画像















 初めて知ったサークルが多かったので、ちょこっとご紹介。

 ブラックエンドさん。
「幽霊アパートへようこそ」

 面白かったです、マンガ。
幽霊が各部屋に住みついていて、そこに同居している人達の生活を描いた短編モノ。
3室分で、3話分。52ページ。

 まず、絵が可愛い。
それだけでなく、ジジイとか外人も上手く描き分け出来ていて、いいですね。

 それと、やっぱ内容。
一話一話しっかり作り込まれていて、惹き込まれました。
あっさりしていて、でも読後感は充実。
これってかなり難しいんですよ、実際。

 あっさりし過ぎると、尾を引くものがなくなってしまって、何も残らなくなってしまう。
かといって重厚にし過ぎると、胃もたれおこしちゃう。だれる。タルい。

 ですが、この作品は、そのバランス加減が心地よかったです。
流石、脚本(原作)と絵の人が分かれているだけあるなぁと思いました。

 このアパートは全8部屋あるので、残り5つ分の話も描いて下さることに期待したいです。
本当、面白かったです!!



 ひのきさん。
「裁演士」

 HP見たら活動停止とか言ってるー!?
折角いい所見つけたと思ったのにー!!
……まあ、仕方ないですけどね。

 この作品、裁判員制度に警鐘を鳴らしてます。
同人誌でやることじゃねー!!
みたいなことを堂々とやってるの、すげー格好いい。

 簡単に言えば、弁護士がすげー演技派で、裁判員扇動して、無罪勝ち取る的な話。
裁判官は数多の訓練を受けており、公平性を保つことが出来ます。
ですが、裁判員は一般の民間人ですよね?
しかも人数は裁判官3人に、裁判員6人。
多数決的に言えば、裁判員数だけ取れればそれでいい。みたいな。

 そんなでぃーぷな話を15ページでシンプルに纏めてくる技量、凄く堪りません。
それと、やっぱ絵がいいです。
こちらもまた無駄のないシンプルな絵柄が、文章系のマンガに合っている気がします。

 こちらも絵とお話の人が分かれているそう。
僕はやはりこういうのが好きみたいです。



 単純にイラストだけで惹かれたのは、「ぱ」さん。

 幻想的な感じが、心に響きました。
いいですね。



 True Silver × Polyphonic Branchさん。
ここ目当てと言っても過言ではなかったので。

 「Smile」



 いい、CDでした。3曲どれも良曲。

 1曲目の「Smile Flower」は、Fly AT Zeroっぽい楽曲な気がします。
でもアコギなんでもう少しフランクな感じ。あっちはもっとバンドバンドしてますけど。
けれど、流石智矢さん、リフが利いてます。

 2曲目の「two of us」、これキタ、凄く好き。
kikuyoさんが歌われてきた楽曲で個人的にベスト3には入ります。

 サビのメロが何より好みですし、kikuyoさんの若干ハスキーな声に合ってるかなと思いますし。
2番への入り方の間もシビれ、間奏のギターも格好いい。
いいですねー、オススメです。


 
 そんな感じで、コミティアでした。
コミケに比べればまったりムード。

 オールオリジナルジャンルってのは、やっぱり見てて楽しかったです。
グッズとか、小説、何でもアリですから。

 あと、面白かったのは、持ち込みブースがあったことでしょうか。
ガンガンとか、他にも沢山の出版社の編集者が来ていて、持ち込み受け付けてるんですよ。
流石、オリジナル。コミケじゃ出来ないっスね、あはは。

 また行きたいなー。
機会があれば。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2009年02月20日 22:46
コミティアお疲れ様でした!
今回も遊びに来ていただいてありがとうございました(^^)
感想もうれしくありがたく読ませていただきました。

2曲目気に入っていただいたみたいで・・・うれしいです。
歌詞作るの苦手なあたしが、七転八倒しながら作詞した作品ですww
これからの季節に似合うCDにしたいと思って作った作品ですので、
お出かけの際にでも聞いていただけるとうれしいです♪

では!
katoh
2009年02月21日 00:20
 >>kikuyoさん

 拙い文章で恐縮です。音楽のことは詳しくなくてですね、用語とか。

>2曲目。

 重複になりますが、凄くいいと思います!!
いあやまあ全部好きと言えば好きなんですが。

 歌詞には特に言及してませんでしたが、
すっと世界に入り込んでいけるような言葉が並んでいて、
個人的には素敵だと思います。
Armoniaの話になってしまいますが、「Sequential Days」の歌詞とかも好きです。
歌詞作るのが苦手、なんて風にはとても見えませんけれど。

 何にしましても、いいCDだと思いますので、もっと聴き込みたいものです。
そんな感じで、M3を楽しみに待っていようと思います。
わざわざ御足労頂き、ありがとうございました。
2009年02月21日 01:40
はじめまして、ブラックエンドの泉と申します。
この度は本を手に取っていただいただけでなく、丁寧な感想まで書いて下さって本当にありがとうございます!
創作の同人誌を出したのは初めてですし、感想をもらえるとは思ってもみませんでした。
5月のティアでも続編にあたる新刊を用意したいと思っております。
また気に入って下さるような本を作れるよう頑張りますね!
katoh
2009年02月21日 12:25
 初めまして、katohと言います。
そのまんまです、お恥ずかしい……。

 既に書いてしまったことでアレですけど、
とても素敵な本だと思いました。
感想が稚拙で申し訳ないですけども。

 個人的には白鳥さんが好きです。
私服も可愛らしくていいかなと。

 それと、続編に当たるらしい新刊を出して下さるようなので、
是非とも楽しみにさせて頂こうと思います。
微力ながら、応援しております。

この記事へのトラックバック