幸せな気持ちになれました。それが全てへの答です。

 誤字脱字に触れておきながら、自分が間違えてる!!
と突っ込まれていました。
は、恥ずかしい!!

 「子鳩」が「小鳩」になってました。
馬鹿か俺は……。
取り敢えずこちらの方に感謝を。


 お久し振りです。
もうごめんさいごめんなさいごめんなさい。
こんなクソブログでごめんなさい。

 mixiの更新量は割かしまともなので、興味ある方はこちらからどうぞ。
僕の痛い私生活が嫌ってほどわかります。


 久し振りに更新したのは「AURA(アウラ)~魔竜院光牙最後の闘い~」読み終えたからです。
で、感想書きたくなったんですね、これが。

 こういう何かしらのネタでもないと帰ってこれなかったんですよー。
ホームなのにアウェー、みたいな。



 「AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~」
言わずと知れた田中ロミオ新作です。

画像














 最近、「きみとぼくが壊した世界」ががっかりな出来であったのもあって、これは嬉しい。
というか読んでてやっぱり楽しい。
こういう中二病な所、僕にも多分にあったからよくわかります。


 取り敢えず、ロミオの凄い所は、その豊富な語彙力に裏打ちされた絶対的な文章力でしょう。
それに加えて馬鹿なことが平気で出来ちゃう。
感服です。いや完服(造語)ですかね。


 話の大まかな内容は割りとありふれたものな気もします。
ただそれをロミオが書くとかくも斬新に映るこの事実。
説得力がダンチです。ハンパねぇ。

 例えば教室内におけるヒエラルキー辺りの書き方は実に生々しいではありませんか。
貴族階級だとか、グループ間での優劣だとか、孤立とか。
ついこの間まで高校生だった僕でも、「あーあーそーそーそんな感じ」と頷いてしまうリアリティー。

 学校は社会の縮図です。
学ぶ、所ですから。


 でも本当、なんでこうも目の前で起きているかのように描写出来るんだろ?
見習いたいです。


 それに登場人物がみんな平凡な苗字ばっかなのに、キャラクターがしっかり確立されてる驚きったらないです。
主人公が佐藤だよ? リーダーが高橋だよ? 女王が大島だよ?
なのになのにちゃんと苗字だけで「ああ、アイツね」ってしっくりくるんです。凄いよ。


 とりわけ子鳩(こばと)さんがお気に入り。萌え!!
僕は「萌え」なんていかにもな言葉は極力使用しない方向で生きている訳ですが、そんなくだらん禁則事項破ってくれる!!
子鳩さん萌え!!


 こんなにも僕を萌えさせるとは流石ロミオ。
僕の中でミキミキ(≒ハーマイ●ニー)を超えたぜ!!


 あ、でも良子も好きです。


 そして何より主人公。
ロミオの描く主人公は誰彼問わず格好いい(「人類は衰退しました」すらも例外ではなく)。

 今回はボーイ・ミーツ・ガールな学園ラヴコメでしたけど、そこんとこは相変わらずでしたね。
しかもただ格好いいわけじゃなくて、過去と対峙したからこそ得られた、その格好よさ。

 ちゃんと辛くて弱い部分も知ってる、だからこそ強くあろうとする。
そんな心持を格好いいと評する以外にどうしろと。


 で、そんな主人公でもなければ、確かに彼女を救うことは出来なかったのでしょう。
同じ悩みを持って、同じ疑問があって、共通の敵がいて。
同類。

 ただ、彼の方があらゆる意味合いで先輩だったっていうだけ。
元は同一。

 故に、終わりは、ああでなくっちゃね!!


 とまあ、あまりネタバレしないようにしないように恐る恐る書いていたらとても抽象的に。
でも仕方ないですよね。こればっかりは。

 そうそう、言い忘れてましたが、めっちゃメタ的というか、元ネタあり過ぎ。
ハンター×ハ●ターが特に。
面白かったから全然問題なしですけどね!


 それと少々誤字脱字が気になったかな?
面白かったから全然問題なしですけどね!


 それでは、こんな感じでまた次回。
子鳩さん萌えっ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • AURA ~魔竜院光牙最後の闘い/田中ロミオ

    Excerpt: AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫 た 1-4)(2008/07/19)田中 ロミオ商品詳細を見る 田中ロミオ渾身の学園ラブコメ邪気眼ライトノベル。 邪気眼... Weblog: バックドロップキックス racked: 2008-07-21 21:45