今日という日がいつか未来へ影響を及ぼすかも知れないと思うと、途端に特別な記念日に思えてくる。

 奥華子さんのコンサートライヴ行って来ました。
うっひゃっひゃうひゃはっはっは(←喜んでいるみたいです)


 詳しい経緯はブログのこの記事を見て頂ければ分かりやすいかもです。



 要約してしまうと↓な感じです。

 やべー奥華子さん好き過ぎる。
え? 全国ツアー中で東京に来る日が僕の誕生日?
行くしかないっ!!



 そんなこんなで行って来ましたよ渋谷、1人で……。
別に人恋しいとかそんなんではないんですけど、やっぱちと気恥ずかしいものはありますね。

 僕、渋谷なんてバイト関係以外で行ったのたぶん初めてです。
下見の為に昨日行ったけど、流石にそれはノーカンで。




 ライブの感想の前に、如何に僕が頑張ってライヴに行ったかを力説しまする。
ライヴ開始時刻は、19時です。
5限の終了時刻は18時20分です。
え?
えっ!?



 西洋史の先生、「今日から出席取る」とかどんな罰ゲームですかそれ?
先週言ってくれただけ慈悲深いんですけどね。
だからサボれなかったという、まあそういうことです。


 初めての出席取りですから、先生の名前を出席用の紙に記入する時、ふと手が止まってしまいました。
『齋○』の『齋』難し過ぎだろ!!
こっちは一刻一秒を争うというのにっ!!(現タイム18時22分)


「先生、『齋○』の『齋』難しいんで、簡単な方で書いてもいいですか?」
「そのようなことで単位あげないなんてことはありませんから、構いませんよ(笑)」
先生テラいい人www


 おいそこ後ろの群集っ!! 笑ってんじゃねぇ!!
お前らは『齋』が書けるってのか!?


 必死に何月何日何限とか書きます書きます。
先生は例の字を黒板にでっかく書いて、
「こんな字を書きますが、無理に書く必要はありませんよ」とか言ってます。
後ろの奴らは完全に言葉失ってましたね。ざまぁwww




 4階の階段を駆け下り、市ヶ谷駅まで猛ダッシュ。
信号に捕まり、18時30分発に乗れず、あえなく計画は頓挫しました。


 それでも諦めることなく次発に乗って渋谷駅、そしてハチ公前に出ます。
スクランブル交差点の人の多さに大いに辟易しつつ、会場を目地してゴーゴーゴー。
 
 渋谷の街中を駆け抜ける、紺地に細い白のストライプのシャツを翻していたヤツが十中八九僕です。
本当渋谷人多いですね、うんざりしちゃいますよ。




 結果、間に合う。
けれども、お手洗いで顔洗ってから会場入りしたものの、最初の5曲くらいまでは汗ダラダラ。
両隣の人達には土下座して謝罪したい気持ちでいっぱいでしたね、汗臭かったら本当に申し訳ない。
やっぱ30分くらいの余裕持って臨みたいですね、こういうの。




 内容自体は良かったと思います。
個人的にトークはあまり面白くなかったんですけど(信者の合いの手がいちいちキモかったのもマイナス要因)、
奥さんが素敵な人柄なのだろうなぁーというのが伝わってきて、その点に関しては好印象でした。



 で、肝心要の歌。
これは素晴らしいの一言に尽きます。


 僕は今まで、力強い歌声って、
男声とか、女声にしても低めの声質のみに適用されるものだと思って生きて来ました。
でも、違ったんですよね。
全然、違いました。


 あれほどまでに透き通った、裏声など全然使わない純粋な高音域のあの声でも、
パワフルな、力強い歌声と言わざるを得ないと言いますか。
生で聴けて、良かったです。
それだけは言い切れると思います。



 すみませんが、セットリスト云々はよく分かりません。
僕、ファーストアルバムの曲しかまともに聴いたことないんですよね、お恥ずかしい。


 というか、「魔法の人」聴けなかったのは至極残念でしたね。
僕が知るキッカケになった曲であり、それと同時に一番好きな曲なんですよ。
他の曲どれを取っても素敵な楽曲だらけですけど、でも、これ聴きたかったなぁ。



 まー、悔やんでも仕方ないんで寝ますかね、それではでは。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック