第21回(2008年春)M3のレポート。

 火曜に書くと言って翌日になって申し訳ないです、本当。
買ったCDのエンコードやバックアップ取ったりしてたら一日終わってました、はっははー(アメリカンな感じでどうかひとつ)。


 というかレポ書こうと思ったときは既に、とむず様の所のレポに書きたいこと全部書いてあるんですな、これが。

 ですんでかなり独断と偏見に満ちた感じの書こうと思います。
殆ど日記感覚なので、M3の詳細的なものを見たければ上のリンクリック(脱字と見せかけて造語)して下さいな。
それと諸事情によりデジカメ持って行けなかったので、画像はありませぬ。ご容赦を。
前書きはここまで。以下、本文です。


 まず、大学の友人を半ば強引に誘って品川集合。7時40分くらい。
まあこの友人にはいつか語る日が来ると思うので、刮目して待ってるといいかも知れません。
彼も彼で中々にクレイジーな所あるんで。
ひとつ挙げるなら、大学の新入生唯一の能楽研究会に所属していることとかかな。
「すげぇ」と思ったのは僕だけじゃないと思うんですが、どうでしょう?



 で、着いたのが8時10分くらい。
そこには今までに例を見ないほど人が居りました(この時間的にありえないレベル)。
ドン引きです。本当に。


 結果から言わせてもらうと、実は僕達は最高のポジション取りに成功していたのです。
というのも、僕達より早く来ていた大半の人達はペナルティー喰らっておりました。
僕ら二人の前にいた御二方から最前列という奇跡的な位置。


 ペナルティーで有名なイベントと言えば、サンクリであるのは皆様ご存知の通りです。
でもまさかM3でその制度を適用されるとは全く思いませんで。
前はもっとゆったりまったりとしたイベントだったのに……。
至極残念でなりません。

 個人的に8時10分は少し早かったと反省はしていたのですが、
これからは迷惑等を考慮して、9時頃に着くようにしようと心に決めました。
みんなの為のM3ですものねっ!!
ルールは守るからこそ、ルール足り得るのですから。


 11時32分頃会場(なんか不具合があってちょっと遅れた様子)。
真っ先にCLOCK MUSICに向かえども、期待の全てを裏切られました。

 もう二度とあのシリーズは買いません。
あれ程の混乱を巻き起こして尚、あれを続けるとしたら、引くわ。
詳しくは他HPや他のブログ、2ちゃんねる等を参照して下さい。
記述するのも嫌なくらいに深い不快感に見舞われたので、勘弁です。



 その後は流れるように島々のサークルを渡って行きます。
感じることは人が多過ぎること、ただその一点のみです。

 
 なんとか買いたいもの買って、とある件のお礼を兼ねてkikuyoさんに差し入れを。
バイト先のパンをチョイスしたのですが、お口に合ったかどうか。凄く気になりますね。


 一通り回り終えたので友人と共に2階へ。
い、入り口が人で完全に封鎖されているっ!!

 けど、行くんですよね。
「すみません、すみません」とか言いながら。
当然、迷惑にならない範疇で、ですよ。


 そして死に物狂いで100枚限定0円CD(残り僅少で、10枚あったか謎)を運よくゲット。
それに福音袋(CDの福袋みたいなものです、詳しくはHP参照)も3つ購入。

 てか、これで1コ500円とか安過ぎる。1コに5枚以上CDが入ってましたが、一枚800~1000円とかザラ。
興味あったけど買えてなかったのとかもあって嬉しかったですしね。
これを機会に色んなサークルのCD聴こうと思います、はい。


 
 そんな感じなM3でした。
他にも書くべきことがあるかもですが、今回はあまり思いつきませんね。
とにもかくにも人人人な印象で、それ以外に目が行き届かなかったのかな。
映像上映ブースは完全立ち見制になって寛げなかったんで殆ど見ずに終わっちゃったのは残念でしたけど。


 最後に買ったCD晒そうと思ったのですが、写真が上手く取れないでボケちゃってるんで止めときます。
もしもご要望的なコメントとか付いたら載っけるようにします。
取り合えず、コチラでどんなん買ったかくらいは分かるはずですが……。


 では、こんな感じです。
今度の秋はもっとちゃんとしたの書きたいですね。反省せねば。

 それと同時にこんな駄文読んで下さった方にも感謝を。
なんかM3ってワードで来てくれる方が多いみたいなんですが、こんな駄ブログで本当に申し訳ないです。
精進しないといけない、切に思いますね。
がんばろ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック